だつりょくまんのブログ

ゆったり、まったり、、、

【お金の話:年末編】NISAについてpart2

 前回は、NISAとは何かについて書いてみました。

datsuryokuman.hatenablog.com

 今回は、一般NISAとはなにかについて書いていきます。

一般NISAとは、金融庁HPにて

「2014年1月にスタートした、少額からの投資を行うための非課税制度です。例えば、投資信託に投資した場合、「普通分配金」と売却時の「譲渡益」が非課税になります。ただし、他の口座(一般口座や特定口座)で発生した譲渡益や配当金等との損益通算はできない。」

前回のことも含め、まとめると、、、

対象者:日本にお住まいの20歳以上の方(口座を開設する年の1月1日現在)

非課税対象:株式・投資信託等への投資から得られる配当金・分配金や譲渡益

投資可能商品:上場株式・ETF・公募株式投信・REIT 等

買付方法:通常の買付け・積立投資

口座開設可能数:1人1口座

非課税投資枠:新規投資額で毎年120万円が上限(非課税投資枠は最大600万円)

非課税期間:最長5年間

 

では、実際にNISAをすることで、どのように変わるのでしょうか?

非課税になる例1:購入した株式・投資信託等が値上がりした後に売却した場合

 100円の株式を購入し、5年後に140円になっていたため、売却。通常であれば40円の約20%である8円が税金として取られ、実際手元に残る利益は32円となりますが、NISAであれば、そのまま40円が手元に残るため、利益が大きければ大きいほど、その効果は絶大です。

非課税になる例2:購入した株式・投資信託等を保有している間に配当金などを受け取った場合

 100円で、配当金が10%つく株を所有しています。毎年、100円の10%である10円が配当金としてもらえますが、通常であれば、10円に対しての約20%税金である2円がかかるため、実際手元に残る配当金は8円となります。そのため、5年間で40円の収入となりますが、NISAであれば満額もらえ50円となります。

 

以上、元本割れを覚悟してでもお金を増やしたい方にとっては、投資をした方が良く、中でもNISAを使うことで、かなりのメリットが受けられます。

また、非課税期間の5年間を終えた後でも、保有する金融商品を翌年の非課税投資枠に移す(ロールオーバーする)ことができるほか、一般NISA口座以外の課税口座(一般口座や特定口座)に移すこともできるため、安心して5年間保有することができます。

 

以上が、一般NISAの内容となります。投資をするのであれば、NISAを必ず活用しましょう。くれぐれも投資をする際は、生活費以外の余裕があるお金で勉強をしたうえ行いましょう!

 

では、まったり~!