だつりょくまんのブログ

ゆったり、まったり、、、

【野球:WBC】日本VSオーストラリア(1次ラウンドプールB第4回戦)2023年3月12日東京ドーム

 こんにちは、だつりょくまんです。昨日は、WBC(World Baseball Classic)の日本VSオーストラリアの戦いが行われました。4日連続の4連戦により、かなり疲労がたまっている日本代表。にもかかわらず、オーストラリア代表にも日本の最強打線が爆発!見事に4連勝しました!そのWBC日本対オーストラリア戦について、書いていきたいと思います。1次リーグ2位のオーストラリアの1戦は19:00から東京ドームにて行われました。

【結果】

【得点】

日本 VS オーストラリア = 1 対 7

ー     ー|123|456|789|計 H E

日     本|320|110|000|7 10 0

オーストラリア|000|000|001|1 5 0

本塁打

日本:大谷

オーストラリア:A.ホール

【投手】

日本:山本由伸(勝利投手)、高橋奎二、大勢、湯浅京己、高橋宏斗

オーストラリア:W.シェリフ、L.ウィルキンス、B.タウンゼント、L.ドーラン、T.ヴァンスティーンゼル、J.ガイヤー、S.ホランド

【内容について】

(1回表)日本 大谷翔平選手 の右中間への3ランホームランで日本が先制!

→ヌートバー選手がフォアボールで出塁、近藤選手がライトへヒットを放ち、ランナー一塁二塁へ。大谷選手が右中間への3ランホームランで3点先制!

(2回表)日本 L.ヌートバー選手 のセンターへのタイムリーヒットにより、1点追加。

→中野選手がレフトへのヒットを放ち、2盗を決める。中村選手が送りバントを決め、3塁に進める。ヌートバー選手がセンターへのタイムリーヒットで1点追加。

     日本 近藤健介選手 のライトへのタイムリーツーベースヒットにより、1点追加

→ヌートバー選手が、2盗を成功。その後、近藤選手がライトへのタイムリーツーベースヒットにより、1点追加。

(4回表)日本 大谷翔平選手 への押し出しのフォアボールで1点追加

→中村選手がレフトへのヒットで出塁、続くヌートバー選手と近藤選手がフォアボールでノーアウト満塁のチャンス。大谷選手への押し出しフォアボールで、1点追加

(5回表)日本 中村悠平選手 のライトへのタイムリーツーベースヒットにより、ダメ押しの1点追加!

→岡本選手、中野選手がフォアボールで出塁し、続く中村選手が、ライトへのタイムリーツーベースヒットを打ち、ダメ押しの1点追加!

(9回裏)オーストラリア A.ホール選手 の右中間へのホームランにより、1得点。

→9回裏、オーストラリア無得点の中、最初のバッターが意地の右中間スタンドに放り込むソロホームランで1点!

【見た感想について】

 WBC1次ラウンド、4連戦の最終日。日本代表の集大成を見せてくれたオーストラリア戦でした。まずは、投手陣。9回表にソロホームランを打たれるまで、一点も失点を許さず完璧なピッチングを披露。恐るべきは、奪三振数。先発投手の山本選手は昨日の佐々木投手に並ぶ8奪三振。短いイニングで結果を残すところに感動しました。継投もしっかりと抑え、日本の投手層の厚さを感じました。打撃陣は、毎回の安定感!誰もが強打者・技巧派!テレビでは大谷選手やヌートバー選手が良く取り上げられますが、近藤選手や吉田選手の破壊力がすさまじい!2次ラウンド以降は、村神様の爆発が見たい。以前のWBCの時のイチロー選手のように!

 2次ラウンドまで少し時間が空くため、ゆっくりと休養を行いつつ調整をし、優勝目指して頑張ってもらいたいです!

 頑張れ日本代表!このまま優勝まで突き進め侍ジャパン! 

 

では、まったり~!