だつりょくまんのブログ

ゆったり、まったり、、、

【登山日記】天神原山 大分百山 大分県佐伯市 大分百山制覇に向けた登山旅 2024年2月18日

 こんにちは、だつりょくまんです。大分百山制覇に向けて、大分県佐伯市にある大分百山の天神原山を登ってきました。

 今回は、その様子について、書いていきたいと思います。

【登山の概要】

山:天神原山 大分百山 大分県佐伯市

日時:2024年2月18日(日)16:58~17:39

所要時間:登山口~24分~天神原山山頂~17分~登山口

天気:快晴

眺望:悪い

難易度:★1つ(5つのうち)

登山口:天神原山登山口Google マップ

トイレ:駐車場及び山中になし(近くに商業施設もないため、早めにトイレを済ませておきましょう)。

駐車スペース:数台程度

登山者:1名(体力は中の下)

他の登山者:0名

標高:995.1m

【登山の内容】

 大分県佐伯市にある大分百山の天神原山。往復1時間弱で登山できるというてごろな山です。しかし、眺望は全くなく、軽い運動をしたい方や登山デビューとしての山としてはぴったりの山です。あくまでも山ですので、水分等十分準備はお忘れなく。

【登山の詳細】


f:id:datsuryokuman:20240219231519j:image

16:58 天神原山登山口到着。さぁ登山開始です。
f:id:datsuryokuman:20240219231526j:image

17:22 天神原山山頂に到着。山頂からの眺望は全くありません。
f:id:datsuryokuman:20240219231617j:image

17:39 無事に下山しました。

 

 以上が、天神原山登山日記でした。大分百山の天神原山は、眺望はないものの、山を感じるにはちょうど良い山です。家の裏山のような感じがあり、懐かしさを感じながら登ることができました。

 

 では、まったり~!

【投資日記】国内株式市場売買取引週間結果。日経平均株価、TOPIX、保有株は上昇。史上最高値更新!(2月19日から2月22日)

 こんにちは、だつりょくまんです。今週の日経平均株価及びTOPIXも大幅に上昇し、日経平均株価は、史上最高値を更新しました。保有株も指標に及ばないものの、上昇しました。

 そんな今後への期待につながる1週間を総括していきたいと思います。

20240216-0222日経平均株価

20240216-0222日経平均株価

20240216-0222東証株価指数(TOPIX)

20240216-0222東証株価指数TOPIX

 今週の日経平均株価及びTOPIXは、先週に引き続き上昇し、バブル後最高値だけでなく、史上最高値を更新することができました。

 今週の東京株式市場で日経平均株価は、米エヌビディアの好決算を受け、半導体関連株を中心に買いが優勢となり、前週末比611円高の3万9,098円と4週連続で続伸しました。

 週明けの東京株式市場は小反落。前週末の米国株市場では事前予想を上回る経済指標の発表を受け、改めて早期利下げ期待が後退。長期金利上昇を背景に利益確定売りを誘発しました。東京市場もこの流れを受け売りが出ました。その後3日連続で下落しました。

 エヌビディア決算は、AI需要の世界的な増加を背景に純利益が前年同期比で8倍と急拡大。好決算を受けて急伸し、その流れを東京株式が引きつぎ活況高に。結果として日経平均株価は前日比800円を超える上昇となり、1989年12月末につけた史上最高値をついに更新。34年2か月ぶりの高値奪回となりました。

 そのような今週、だつりょくまん自身の状況はどのようになっているかといいますと、、、

20240216-0222だつりょくまん保有株

20240216-0222だつりょくまん保有

 ようやく反発をしてくれました。指標が続伸するなか、保有株は続落を繰り返していたため、少し安心しました。

 しかし、保有株の上昇もまだまだ指標に追いつくことはできず、、、

 来週は、どのような値動きをするかわかりませんが、せっかく高値を更新したのであれば、今後にも期待したいとのことで、しっかりと引き続き頑張っていきたいと思います。

 

 では、まったり~!

【登山日記】木山内岳、桑原山、七年山 縦走 大分百山 大分県佐伯市 大分百山制覇に向けた登山旅 2024年2月18日

 こんにちは、だつりょくまんです。大分百山制覇に向けて、大分県佐伯市にある木山内岳、桑原山、七年山を縦走してきました。

 今回は、その様子について、書いていきたいと思います。

【登山の概要】

山:木山内岳(大分百山)、桑原山(大分百山)、七年山 大分県佐伯市

日時:2024年2月18日(日)8:22~16:21

所要時間:登山口~2時間42分~木山内岳山頂~1時間56分~桑原山山頂~1時間30分~七年山山頂~1時間51分~登山口

天気:快晴

眺望:良い

難易度:★4つ(5つのうち)

登山口:観音滝登山口Google マップ

トイレ:駐車場にあり。

駐車スペース:数台程度

登山者:1名(体力は中の下)

他の登山者:1名

標高:木山内岳 1,401m、桑原山 1,408m、七年山 1,032m

【登山の内容】

 宮崎県と大分県との県境に位置する山々。登山口にある藤河内渓谷は美しくいです。途中にある、落差74mの観音滝は見事で、癒されます。また、尾根沿いを通り、大分百山の木山内岳と桑原山や七年山を縦走することができます。

 総時間は7時間超とハードな登山になりますが、稜線からの景色もきれいなため、そこまで疲れを感じることなく、楽しむことができます。

【登山の詳細】


f:id:datsuryokuman:20240219230905j:image

8:21 登山口駐車場に到着。トイレがあります。左のきれいなトイレは冬季使用不可となっています。
f:id:datsuryokuman:20240219230914j:image

8:21 きれいな案内板があります。夏にキャニオニングをしに来たことがありますが、とても楽しかったです。
f:id:datsuryokuman:20240219230924j:image

8:22 さぁ登山開始です。
f:id:datsuryokuman:20240219230936j:image

8:24 これぞ藤河内渓谷!というような透き通った川。
f:id:datsuryokuman:20240219230945j:image

8:25 観音滝登山口に到着。ここから観音滝方面へ進みます。
f:id:datsuryokuman:20240219230956j:image

8:26 通行者のカウンターがありました。ぽちっと押して登り始めます。
f:id:datsuryokuman:20240219231005j:image

8:36 沢を渡る場所がありますが、本当にきれいな川です。
f:id:datsuryokuman:20240219231014j:image

8:47 大木が倒れていましたが、整備をしてくれていてありがたい。
f:id:datsuryokuman:20240219231023j:image

9:16 分岐登場。まずは、観音滝を拝みに行きます。
f:id:datsuryokuman:20240219231104j:image

9:18 観音滝出現。74mの落差は圧巻です!
f:id:datsuryokuman:20240219231115j:image

9:21 寒い時は滝が凍るとか、、、今度見てみたいです。さぁ来た道を戻り登山再開です。
f:id:datsuryokuman:20240219231127j:image

9:25 分岐発生。木山内岳方面左に進みます。
f:id:datsuryokuman:20240219231140j:image

9:36 沢を渡るため直進します。増水しているときは引き返すようにしてくださいね。

f:id:datsuryokuman:20240219231151j:image

10:28 分岐発生。山頂方面左に進みます。
f:id:datsuryokuman:20240219231201j:image

10:39 このあたりから氷が残っていました。製氷機で作った氷のようなきれいな結晶をしています。どうやって作った?とはてなマークが頭を支配します。
f:id:datsuryokuman:20240219231210j:image

10:46 開けたところからみる景色は最高です。遠くに由布岳鶴見岳が見えます。
f:id:datsuryokuman:20240219231233j:image

11:04 木山内岳山頂に到着。遠くに由布岳鶴見岳が見えます。
f:id:datsuryokuman:20240219231243j:image

11:04 山頂からの景色。大崩山や傾山が見えます。さて、桑原山めがけて縦走開始です。
f:id:datsuryokuman:20240219231252j:image

11:18 快晴ということもあり、開けたところからの景色は最高です。目の前に見えるは桑原山。
f:id:datsuryokuman:20240219231300j:image

11:18 山々がみられて気持ち良いです。
f:id:datsuryokuman:20240219231308j:image

12:07 万次越到着。桑原山方面直進します。
f:id:datsuryokuman:20240219231321j:image

12:50 七年山分岐登場。桑原山方面直進します。
f:id:datsuryokuman:20240219231334j:image

13:00 桑原山山頂に到着。これまた山頂が開けていて景色が楽しめます。来た道を戻り七年山を目指します。
f:id:datsuryokuman:20240219231342j:image

13:09 七年山分岐に戻ってきました。七年山方面右に進みます。
f:id:datsuryokuman:20240219231350j:image

14:30 七年山山頂に到着。ここまで来るまでの道は険しく足を踏み外すと大けがをするため、体力がない方はおすすめしません。下山開始です。
f:id:datsuryokuman:20240219231357j:image

15:35 作業道とぶつかりました。直進します。
f:id:datsuryokuman:20240219231416j:image

15:39 再度作業道とぶつかりました。直進します。
f:id:datsuryokuman:20240219231426j:image

15:42 七年山登山口に降りてきました。
f:id:datsuryokuman:20240219231435j:image

15:43 分岐発生。左に進みます。ここから登山口まではひたすら車道を歩きます。
f:id:datsuryokuman:20240219231444j:image

15:45 分岐発生。藤河内渓谷方面直進します。
f:id:datsuryokuman:20240219231452j:image

16:01 きれいな花が咲いていました。沖縄で桜を見ていただけに、見間違えました。
f:id:datsuryokuman:20240219231502j:image

16:21 無事に下山。体力を大分消耗しました。

 

 以上が、大分百山の木山内岳・桑原山、七年山縦走日記でした。時間がかかることが予想されていたため、早朝から起きて行動をしはじめ登山開始。それぞれの山を単体で登る分については、そこまで体力はいりませんが、縦走をされる場合は、しっかりと計画を立て、体力と時間と相談しながら日が昇っているうちに下山しましょう。とても楽しめる山だとおもいますので、ぜひ!

 

 では、まったり~!

【登山日記】蛇越岳、野稲岳 縦走 大分百山 大分県由布市 大分百山制覇に向けた登山旅 2024年2月17日

 こんにちは、だつりょくまんです。大分百山制覇に向けて、大分県由布市にある大分百山の野稲岳と蛇越岳を縦走してきました。

 今回は、その様子について、書いていきたいと思います。

【登山の概要】

山:蛇越岳、野稲岳(大分百山) 大分県由布市

日時:2024年2月17日(土)16:00~17:38

所要時間:登山口~17分~蛇越岳山頂~41分~野稲岳山頂~40分~登山口

天気:快晴

眺望:悪い

難易度:★2つ(5つのうち)

登山口:野稲岳登山口Google マップ

トイレ:駐車場及び山中になし(近くに商業施設もないため、先に済ませておきましょう)。

駐車スペース:数台程度

登山者:1名(体力は中の下)

他の登山者:0名

標高:蛇越岳 1,024m、野稲岳 1,037.7m

【登山の内容】

 大分百山の野稲岳を登るべく来ましたが、せっかくなので縦走をと思い、反時計回りに周回するルートを選択。立石池から発電所向きに県道を進み、路肩の駐車スペースに駐車し、登山開始。半分は山道を進むため、登山のような感じがしますが、帰りは舗装路を歩くため、ハイキングのような感じで気軽に楽しめました。

【登山の詳細】


f:id:datsuryokuman:20240219230631j:image

16:00 駐車場に到着。夕方ということもあり誰も他に登山客はいませんでした。それでは登山開始です。
f:id:datsuryokuman:20240219230644j:image

16:02 登山口の様子です。2通りの登り方がありますが、蛇越岳を縦走したいと思ったため、右方向半時計周りで登り始めました。
f:id:datsuryokuman:20240219230656j:image

16:05 急登ではありませんが、まっすぐずっと続く道を地道に登っていきます。
f:id:datsuryokuman:20240219230709j:image

16:17 蛇越岳山頂に到着。景色は特によくいものの、ちょうどよいハイキングをしたくらいで気持ちが良かったです。さぁ縦走開始です。
f:id:datsuryokuman:20240219230749j:image

16:53 分岐発生。右に進みます。
f:id:datsuryokuman:20240219230800j:image

16:57 国土交通省の野稲岳中継所です。それにしても快晴とはこのことです。
f:id:datsuryokuman:20240219232012j:image

16:58 野稲岳山頂に到着。眺望は全くないため、運動目的の方のみ登山することをおすすめします。
f:id:datsuryokuman:20240219230811j:image

16:59 中継所に別れを告げ、さぁ下山開始です。ここからは舗装路をひたすら歩くため、安心です。
f:id:datsuryokuman:20240219230821j:image

17:13 分岐発生。登山口方面左へ進みます。
f:id:datsuryokuman:20240219230838j:image

17:38 登山口に戻ってきました。野稲岳からはほとんど舗装路を歩いていたため、登山というよりも散歩の気分でした。
f:id:datsuryokuman:20240219230848j:image

17:38 無事に下山完了。だんだんと日が長くなってくれたおかげか、この時間になっても日が暮れておらず、無事に帰ってこられました。感謝。

 

 以上が、蛇越岳、野稲岳の縦走日記でした。大分百山は眺望が全くない山があります。しかし、軽い運動を目的とする方におすすめのものもありますので、ご自分に合った山選びをしてみてください。

 登山靴とザックがありさえすれば楽しめる登山。ぜひ皆さんもはじめてみては?

 

 では、まったり~!

【投資日記】国内株式2月21日の売買結果。日経平均株価及びTOPIXは続落し、保有株も下落。先日できた買付余力で新規購入【買:ナトコ、グリーンクロス】

 こんにちは、だつりょくまんです。本日の日経平均株価及びTOPIXは続落し、保有株も下落しました。利益確定ラインを超える銘柄も現れず、、、。しかし、先日できた買付余力で新しい株を購入しました。

 そんな本日の取引結果について、書いていきたいと思います。

 

日経平均株価終値:38,262.16円

前日比:-101.45円(-0.26%)

 

東証株価指数TOPIX終値:2,627.30円

前日比:-5.00円(-0.19%)

 

 本日の日経平均株価及びTOPIXは続落しました。

 東京株式市場で日経平均は、前営業日比101円超安と、3日続落して取引を終えました。前日の米市場でハイテク株が下落した流れを受けて、半導体関連銘柄で利益確定売りが出ました。

 そのような本日、保有株も下落し、利益確定ラインを超える銘柄は現れず、、、。しかし、先日利確で出来た買付余力を活用して、新規銘柄を購入しましたので報告いたします。

 

売却した株:残念ながらなし、、、

 

購入した株①:ナトコ

購入額:1,508円

終値:1,513円

売買株数:100株

予想PER:11.43倍

予想配当利回り:3.3%

購入理由:2月29日に決算発表を予定しています。業績はコロナ下で一度落ち、昨年も少し下落しましたが、再度回復をしています。そのうえ割安で予想配当利回りも3%と高いため、購入を決めました。

口座:特定口座

市場:東証S

 

購入した株②:グリーンクロス

購入額:1,068円

終値:1,066円

売買株数:100株

予想PER:8.78倍

予想配当利回り:3.1%

購入理由:3月中旬に決算発表を予定しています。業績は新型コロナウイルス蔓延、ロシア・ウクライナ問題等の地政学リスクにも影響を受けず、毎年しっかりと売り上げを伸ばし、営業利益も上げています。そのうえ、PERは低く割安で、配当利回りも3%台。ということですでに200株持っていたものの100株買い増しました。

口座:特定口座

市場:福証

 

 以上が、本日の国内株式市場の売買取引結果でした。指標および保有株は下落してしまいましたが、負けじと新規投資を続けていきます。どこかで暴落の可能性も秘めていますが、続ければトータルリターンがあると信じ、地道に頑張っていきたいと思います。

 

 では、まったり~!

【投資日記】国内株式2月20日の売買結果。日経平均株価及びTOPIXは続落。保有株は一部上昇し利確【売:小野測器、アドヴァングループ】

 こんにちは、だつりょくまんです。本日の日経平均株価及びTOPIXは続落。一方、保有株は微増し、一部銘柄が利益確定ラインを越えたため、利確。

 そんな本日の取引結果について、書いていきたいと思います。

 

日経平均株価終値:38,363.61円

前日比:-106.77円(-0.28%)

 

東証株価指数TOPIX終値:2,632.30円

前日比:-7.39円(-0.28%)

 

 本日の日経平均株価及びTOPIXは続落しました。

 東京株式市場で日経平均は、前営業日比106円超安と小幅に続落して取引を終えました。国内企業の決算発表が一巡したことや、前日の米市場が休場で手掛かり材料不足の中、日本株は上値の重い展開が続きました。

 そのような本日、保有株は微増し、一部銘柄が利益確定ラインを越えたため、利確しましたので報告いたします。

 

売却した株①:小野測器

購入日:2023年4月24日、4月26日

購入額:454円

売却額:572円

終値:577円

差額:35,400円(ただし、譲渡益税で7,200円近く取られました。)

売却株数:300株

口座:特定口座

市場:東証S

 

売却した株②:アドヴァングループ

購入日:2023年12月12日

購入額:1,059円

売却額:1,169円

終値:1,166円

差額:11,000円(ただし、譲渡益税で2,300円近く取られました。)

売却株数:100株

口座:特定口座

市場:東証S

 

購入した株:残念ながらなし、、、

 

 以上が、本日の国内株式市場の売買取引結果でした。本日は、時間がかかってようやく花開いたものでした。ストップ高を出してくれた小野測器には、まだまだ期待したいところですが、一旦整理をしておきたいところ。1月は調子が良すぎるほど、保有株が上昇しましたが、決算発表がたくさんあった2月は買付余力がなく、勢いを保てず、、、

 これから苦しい時期が続くことが想定されますが、地道に資産運用し増やしていきたいと思います。

 4%ルールを使ったFIREを早期にするため、節約するところは節約し、激しく投資する時は投資を行いたいと思います。

 

 では、まったり~!

【登山日記】平家山 大分百山 大分県玖珠郡九重町 大分百山制覇に向けた登山旅 2024年2月17日

 こんにちは、だつりょくまんです。大分百山制覇に向けて、大分県玖珠郡九重町にある大分百山の平家山を登ってきました。

 今回は、その様子について、書いていきたいと思います。

【登山の概要】

山:平家山 大分百山 大分県玖珠郡九重町

日時:2024年2月17日(土)14:08~15:30

所要時間:登山口~49分~平家山山頂~33分~登山口

天気:快晴

眺望:普通

難易度:★2つ(5つのうち)

登山口:平家山登山口Google マップ

トイレ:駐車場および山中になし。(近くに道の駅などがあるため、すましておきましょう)

駐車スペース:数台程度

登山者:1名(体力は中の下)

他の登山者:0名

標高:1,023m

【登山の内容】

 大分県玖珠郡九重町の北東に位置する山で、周辺には平家伝説が残っていることから平家山の名がついています。

 大分百山の平家山。登りやすく一部の場所からはきれいな景色を望むことができます。今回選択した尺間神社の鳥居から登ったルートは、途中から目印が全くなくなるため、ヤマレコのGPS機能を使って登山。多くの方が行くであろう、帰路を往復された方が間違いないと思いますので、装備がしっかりとしていない人はご注意ください。

【登山の詳細】f:id:datsuryokuman:20240219211355j:image

14:08 駐車場に到着。他に登山客はいませんが、気にせず登山開始。
f:id:datsuryokuman:20240219211405j:image

14:09 尺間神社の鳥居をくぐり登っていきます。
f:id:datsuryokuman:20240219211414j:image

14:19 分岐発生。右手前方向に進みます。
f:id:datsuryokuman:20240219211425j:image

14:21 分岐発生。右方向に進みます。
f:id:datsuryokuman:20240219211444j:image

14:23 作業道から山道に入っていきます。
f:id:datsuryokuman:20240219211453j:image

14:26 開けたところからの景色です。きれいな空で気持ちが良いです。
f:id:datsuryokuman:20240219211502j:image

14:29 なんでこの写真を撮ったか思い出せません。笑
f:id:datsuryokuman:20240219211513j:image

14:35 分岐発生。作業道とぶつかります。直進し、山道を進みます。
f:id:datsuryokuman:20240219211523j:image

14:47 分岐発生。左方向へ進みます。
f:id:datsuryokuman:20240219211534j:image

14:49 分岐発生。左方向へ進みます。
f:id:datsuryokuman:20240219211544j:image

14:50 ここから左に進み、山道に入っていきます。
f:id:datsuryokuman:20240219211557j:image

14:57 平家山山頂に到着。山頂からは眺望がありません。てことですぐに下山開始。
f:id:datsuryokuman:20240219211610j:image

15:03 長い鎖場です。ロープに頼るほどではありませんが、長い坂のため気を抜かないようにしてください。
f:id:datsuryokuman:20240219211621j:image

15:07 開けたところからの景色はやはり最高です。
f:id:datsuryokuman:20240219211633j:image

15:07 遠くの方まで見渡せます。
f:id:datsuryokuman:20240219211643j:image

15:11 分岐発生。左方向へ進みます。
f:id:datsuryokuman:20240219211653j:image

15:12 平家山登山口のようです。
f:id:datsuryokuman:20240219211706j:image

15:17 分岐発生。直進します。
f:id:datsuryokuman:20240219211715j:image

15:30 駐車場のところまで戻ってきました。
f:id:datsuryokuman:20240219211726j:image

15:30 無事下山。

 

 以上が、大分百山の平家山の登山日記でした。前日が飲み会であったこともあり、出発がおくれたため、一番近くにあり手ごろな山である平家山を登りました。きつすぎず、一部開けたところからはきれいな眺めを楽しむことができるため、おすすめです。

 

 では、まったり~!