だつりょくまんのブログ

ゆったり、まったり、、、

【お金の話】金融商品と税金 FP2級試験勉強 資格取得に向けて勉強中!

 こんにちは、だつりょくまんです。前回は、外貨建て金融商品について書いてきました。

datsuryokuman.hatenablog.com

 今回は、金融商品と税金について、書いていきたいと思います。一緒に勉強を頑張っていきましょう。

金融商品ごとの課税】

 資産運用には、様々なコストがかかります。その中でも、金融商品の手数料や利益に関する税金は、大きなウェイトを占めています。手数料と同様、税金をなるべく抑えることができれば、より効率的な資産形成が可能です。そのためには、金融商品にかかわる税金について、しっかりと理解しておくことが必要になります。

金融商品の課税方法

 金融商品から得られる利益に対する課税の方法は、主に「総合課税」「申告分離課税」「源泉分離課税」の3つに分類されます。

総合課税

 投資をして得た1年間の所得金額を他の所得と合計して、所得税を計算する。

申告分離課税

 投資をして得た1年間の所得金額について他の所得と分離して、所得税を計算する。

源泉分離課税

 投資をして収益を受け取るときに一定の税額が源泉徴収等され、それですべての納税が終了する。

金融商品の利益への税率

 金融商品の売買で得られる利益のことを譲渡益といいます。株や投資信託を売却した際、売却価格が購入価格よりも上回っていれば、その値上がり分に対して課税されます。また、株の配当金や投資信託の分配金にも課税されます。

譲渡益(売買で生じる利益)

20.315%(所得税15%+復興特別所得税0.315%+住民税5%)

配当金や分配金(申告分離課税の場合)

20.315%(所得税15%+復興特別所得税0.315%+住民税5%)

預貯金の税金について

 通常、預貯金の利息は、利子所得として源泉分離課税の対象となります。税率は20.315%になります。

株式・投資信託の税金について

譲渡所得(売買で生じる利益)

 上場株式・投資信託について、売却した際、譲渡益が発生すると20.315%の税率がかかります。また、原則、申告分離課税となり、外の金融商品の譲渡損益と合算されます。

※株式や投資信託の譲渡所得は、特定口座の「源泉徴収あり」にすると、通常確定申告は不要です。

配当金・分配金

 上場株式の配当金や投資信託の分配金については、譲渡益と同じく通常20.315%の税率で源泉徴収等されます。

※2023年の所得税(および2024年度の住民税)から、上場株式等の配当所得および譲渡所得は、所得税および住民税について同一の課税方式を選択しなければならなくなります。

特定口座とは

 特定口座とは、金融商品に関する税金の確定申告や納税などを、簡易的に行うことができる口座です。証券会社や銀行(投資信託のみ)が投資家の代わりに、特定口座内の年間の売買損益などの計算を行います。

証券会社の口座の種類

 証券会社には、4種類の口座があります。口座によって、確定申告が必要かどうか、などが変わります。

・特定口座(源泉徴収口座:源泉徴収あり)

 申告不要(確定申告の選択も可能)

・特定口座(簡易申告口座:源泉徴収なし)

 確定申告が必要

・一般口座

 確定申告が必要

・(新)NISA口座

 非課税(申告不要)

 特定口座を開設すると、年間取引報告書が作成・交付されます。

債権(特定公社債)の税金について

 債券は、国債、地方債、公社債などの特定公社債と、それ以外の私募公社債などの一般公社債に分かれます。

特定公社債の税金

・利子

税率:利子所得として20.315%(所得税15%+復興特別所得税0.315%+住民税5%)

課税方法:申告分離課税(確定申告不要とすることも可能)

・償還差益売却益

利率:譲渡所得として20.315%(所得税15%+復興特別所得税0.315%+住民税5%)

課税方法:申告分離課税

特定公社債の償還差益・売却益

 債券は満期が来ると償還されます。購入価格よりも償還されるときの価格が高い場合、差益は譲渡所得として20.315%が課税されます。売却益も同様です。なお、上場株式等の取引で損失が発生した場合、損失額を償還差益・売却益と通算できます。

※特定公社債の償還差益と売却益は、特定口座で源泉徴収ありを選ぶと、申告不要にすることができます。

公募公社債投資信託の税金について

 公募公社債投資信託とは、公社債および短期金融商品で運用し、株式を組み入れないことを明示しているファンドのことです。単位型と追加型があり、追加型公社債投資信託の主なものはMRFMMFなどです。

公募公社債投資信託の税金

 公募公社債投資信託の収益分配金は、利子所得となり、特定公社債等の利子と同じ扱いになります。また売却益や償還差益、解約差益は、譲渡所得として、上場株式や特定公社債等の売却益・償還差益と同じ扱いです。

・収益分配金:利子所得

・売却益、償還差益、解約差益:譲渡所得

公募株式投資信託の税金について

 公募株式投資信託とは、株式に投資できると明示してある投資信託のことです。実際には債権だけを投資対象としていても、投資信託の約款に株式投資ができると明記してあれば、公募株式投資信託として扱われます。

公募株式投資信託の分配金の税金

 株式投資信託の収益分配金は2種類あります。普通分配金と特別分配金です。それぞれで、所得と課税方法が異なります。

普通分配金と特別分配金の税金

 普通分配金は、投資信託の運用で発生した利益を投資家に還元したものです。上場株式の配当金と同じく、配当所得になります。これに対して、特別分配金は、投資家の元本からの払い戻しですので、税金はかかりません(非課税)。

公募株式投資信託の譲渡損益などの税金

 売却益、償還差益、解約差益は、譲渡所得となります。上場株式の売却益と同じ扱いです。

・収益分配金

1、普通分配金:配当所得

2、特別分配金:非課税

・売却益、償還差益、解約差益:譲渡所得

損益通算と損失の繰越について

損益通算とは

 上場株式等の配当所得や譲渡所得、特定公社債等の利子所得や譲渡所得は、損益通算ができます。損益通算とは、損失と利益を相殺して計算することです。ただし、配当所得や利子所得を損益通算するためには、申告分離課税により確定申告しなければなりません。

損失の繰越とは

 損益通算をしても譲渡損失が残るときは、その損失を、確定申告で翌年以降の3年間、繰り越すことが可能です。

(新)「NISA」少額投資非課税制度

(新)「NISA」とは

 (新)NISAの正式名称は、少額投資非課税制度です。名称のとおり、一般口座や特定口座の課税口座とは違って、(新)NISA口座で株や投資信託に投資すると、利益が発生しても非課税になる、という制度です。なお、現行のNISAは、2023年末までとなります。

※いずれのNISAでも、債券や公社債投資信託は投資対象外です。

現行の「NISA」の種類(※2023年末まで)

 現行のNISAは3種類あります。「一般NISA」「ジュニアNISA」「つみたてNISA」です。それぞれで、非課税となる投資額や投資期間、利用できる人の条件などで違いがあります。

※2023年(令和5年)末までに現行の一般NISA及びつみたてNISA制度において投資した商品は、新NISAにおける生涯非課税限度額には含まれず、現行制度の取り扱いが継続されます。

(新)NISAのポイント

・口座

 (新)NISAを使うには専用の口座を開設する必要があります。その際、現行の一般NISAとつみたてNISAを併用することはできず、同一年ではどちらかしか使えません。

※2024年以降の新NISAでは、1つのNISA口座の中に、現行の一般NISAに相当する成長投資枠と、つみたてNISAに相当するつみたて投資枠があり、併用できます。

・非課税枠

 それぞれのNISA(2024年以降の新NISAでは、それぞれの枠)には、非課税となる投資額に上限が設定されています。

・損失

 (新)NISA口座で譲渡損失が発生した場合であっても、一般口座や特定口座で発生している譲渡益や配当金などと合算(=損益通算)することはできません。

つみたて投資枠

年間投資上限額:年間120万円

非課税保有限度額:ー(成長投資枠と合わせて1,800万円まで)

対象金融商品:長期・積立・分散投資に適した一定の公募株式投資信託、ETF

成長投資枠

年間投資上限額:年間240万円

非課税保有限度額:1,200万円

対象金融商品:上場株式(国内・外国株)、公募株式投資信託、ETFREIT

共通

非課税保有限度額:つみたて投資枠と成長投資枠を合わせて1,800万円まで。非課税枠を再利用できます。

非課税期間:制限なし

利用者の条件:18歳以上の日本国内居住者等

損益通算:NISA口座で生じた損失は、他の配当、分配金や譲渡益との損益通算不可。

その他:一般口座、特定口座から移管はできない。上場株式の配当やETFREITの分配金を非課税とするためには、受取方法を株式数比例配分方式(証券口座で受け取る方法)にする必要がある。

 

 以上が、金融商品と税金についてでした。数十年前まで銀行に預けたときの金利が7%という時代もありました。しかし、今はそのように簡単にお金が増える時代ではありません。そのため、多少のリスクは背負いながら新NISAを活用するなどして、地道に増やすしかありません。リスクを取らない者に未来はない。その言葉を胸に頑張っていきたいと思います。

 

 では、まったり~!